脱毛コラム

医療レーザー脱毛「エリート+」について

帯広中央クリニックでは、蓄熱式ダイオードレーザー「メディオスターNextPro」とアレキサンドライトレーザー「エリート+」を中心とした医療脱毛を行っています。

アレキサンドライトレーザー【エリート+】

エリート+は、アメリカFDA(米食品医薬品局)の承認を受けた日本人の肌に適した医療レーザー機器です。
アレキサンドライトレーザーの波長755nmとNd:YAGレーザーの波長1064nmの2種類のレーザーを内蔵しています。これにより色素の薄い毛や濃いヒゲの脱毛まで肌色や毛質に合わせ、レーザーを調節することが可能です。

エリート+の特徴

アレキサンドライトレーザーとNd:ヤグレーザーの2種類のレーザー照射することが可能なエリートプラス

通常、女性の脱毛のほとんどはアレキサンドライトレーザーで脱毛を行っていきます。男性の濃く太いヒゲの脱毛の場合には、アレキサンドライトレーザーだけでは毛根に十分なダメージを与えられないこともあります。その場合は、ヤグレーザーの1064nmの波長は肌深くまで到達し、太く濃い毛もしっかりと脱毛を行うことができます。また日焼けや肌の色が濃い方の脱毛にも適しています。

「エリートプラス」と旧機種「エリート」に違い

どちらの機種も2種類の波長を搭載しているのは同じです。しかしエリートプラスの方が高い出力で照射できるのとHzで表される照射スピードが速くなっています。全身脱毛になると通常は数時間かかりますが、それにより短時間で効率的に永久脱毛が可能になっています。

また先端のハンドピースを変更することで、レーザー1回あたりの照射範囲を広げることも可能です。これによりさらに脱毛は高速化されます。

永久脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は、毛の黒い色(メラニン色素)を持つ毛根にのみ反応し、毛根の組織を破壊することで脱毛を行います。レーザーによる反応はメラニン色素が濃いほど強くなり、毛の中でも最もメラニン色素が濃い毛根で熱エネルギーとなり毛球部、毛乳頭を破壊します。毛根が破壊された毛は、時間と共に自然と抜け落ちて再び毛が生えることはありません。

この破壊する効果がエステサロンの脱毛との違いです。毛根を破壊する行為は、医療行為にあたるためエステサロン脱毛は毛根を破壊することができません。フラッシュ脱毛なので、毛根に一時的にダメージを与えて生える時間を遅くするだけです。ですので毛根が回復すればまた毛が生えくるので、脱毛しても毛がなくならないということが起きます。医療脱毛は毛根を破壊するので、また毛が生えてくることはありません。それが永久脱毛です。

 

 

電話でのお問い合わせ

お電話でのご相談・ご予約がスムーズです。

  • カウンセリング・診察はご予約制です。
  • 年中無休

tel:0120112294

インターネットでのお問い合わせ

医療脱毛に関することは、お気軽にご相談下さい。
無料メール相談
医療脱毛専門のカウンセラーが対応します。
無料カウンセリング予約

ページトップ