デリケートゾーン脱毛

  • ホーム > 
  • デリケートゾーン脱毛
  • ホーム > 
  • デリケートゾーン脱毛

デリケートゾーン脱毛

「デリケート脱毛」はセクシーな水着やTバックショーツ、ローライズファッションなどでおしゃれをするエチケットとして欧米のセレブ達の間で常識化しています。また、V(ビキニライン)、I(ビキニライン奥)、O(肛門周囲)の脱毛のことをハイジニーナといいます。数年前まではVラインのみの脱毛が多かったのですが、最近ではハイジニーナ脱毛をセットで脱毛する方が増えています。

ハイジニーナ脱毛のスタイル種類
  • 逆三角形
  • 細逆三角形
  • I形
  • 細I形
  • 台形
  • 全処理形

ハイジニーナの部位

Vライン脱毛(ビキニライン)
脚の付け根、Vの字部分の脱毛を行ないます。お好みのデザインに調整することも可能です。

Iライン脱毛(股の間)
性器の周囲に発毛している部分(足を開かないとできない範囲)の脱毛を行ないます。
粘膜部ギリギリまでの照射が可能ですので、 Tバックの下着等を着用する方に人気のある脱毛です。

Oライン脱毛(おしりの奥)
肛門周囲(足、お尻を開かないとできない範囲)の陰毛の脱毛を行ないます。
ご自身では最も処理が難しい部分ですので、Tバックの下着等を着用する方に人気のある脱毛です。

ハイジニーナ脱毛・デリケートゾーン脱毛のメリット

おしゃれ
セクシーなファッションやかわいい下着や水着を手間なく楽しめます。
快適
かゆみ、不快感、臭いなどを軽減。蒸れにくくなり毎日快適に過ごせます。
清潔
毛量が減ることにより、生理中の蒸れが軽減されて、かぶれ等もなくなり衛生的です。
皮膚病予防
陰毛があることで雑菌の繁殖率が高まり、慢性的な失神の原因となることがあります。また、毛じらみなどの性病の予防になります。

VIOラインの自己処理は難しくて危険!

デリケートゾーンの自己処理は手入れが難しい場所で肌もデリケートです。

  • 時間と手間もかかり、手入れが難しい。怪我をしやすい
  • 皮膚を傷つけてしまう場合があり、色素沈着の悪化につながる
  • 肌が傷んでしまうだけで効果も続かない
  • 毛抜きや脱毛器・ワックス脱毛を繰り返すことにより、毛穴が目立つようになる
  • 埋没毛を増やす原因となってしまう

よくある質問

何歳からレーザー脱毛ができますか?

思春期は、ホルモンの影響で再び毛が濃くなる可能性があります。そのため施術は、18歳前後以上の方からお勧めしています。未成年者のレーザー脱毛には保護者の承諾が必要です。

保護者同意書はこちらからダウンロードできます→

ハイジニーナって何ですか?
ハイジニーナとは、V(ビキニライン)、I(ビキニライン奥)、O(肛門周囲)の脱毛のことを指します。その由来は「hygiene:衛生学、衛生環境」からとされています。数年前まではVラインのみの脱毛が多かったのですが、最近ではハイジニーナ脱毛をセットで脱毛する方が増えています。
生理中でもハイジニーナ脱毛はできますか?
当院では生理中の脱毛はお受けできません。お肌がデリケートになっている時期ですので、生理終了後のご予約をお願いしております。

電話でのお問い合わせ

お電話でのご相談・ご予約がスムーズです。

  • 受付 9:30~19:00
    土・日・祝日も診療を行っています。
  • 年中無休

tel:0120112294

インターネットでのお問い合わせ

脱毛に関することは、お気軽にご相談下さい。
無料メール相談
脱毛専門のカウンセラーが対応します。
無料カウンセリング予約

ページトップ